【遭遇】新人のカネ子さん〜女の敵は女②

スポンサーリンク
o1080108014931649715 - 【遭遇】新人のカネ子さん〜女の敵は女② 婚活情報まとめ
みなさんこんにちは!結婚したいあやこです☺️---------------------<前回までのオタ婚活は…>彼氏とヨリを戻し順風満帆に見えたあやこの人生。職場環境は悪化していきます。そんな中、新人のカネ子さんが入社してきました。----------------------ペネロープガルシアを彷彿とさせる…ど派手な衣装と化粧のカネ子さん。※ペネロープガルシア…お暇があったら検索してみてください。お仕事ができそうなオーラを纏っています。わたし「僭越ながらわたしが研修の担当をします。本来はカネ子さんと同じ立場なのですが…今回上司がいないので代わりを務めることになりました。お伝えした内容からわかりづらかったら仰ってくださいね」カネ子さん「はーい!」わたしの部署は3種類の商品を取り扱っているのですが、それぞれ内容をお伝えするとノートを開きメモを取り始めました。するとサボっていた上司が戻ってきて、「あやこチャン、ありがとね!後は俺がやるわ!仕事しといて!」上司とカネ子さんは、実務に就くためのロープレを始めました。上司「カネ子さん、もう仕事できそうだから業務始めよっか笑笑」カネ子さん「え???」焦った様子のカネ子さん。上司「俺、ちょっと調子悪いからさぁ、あやこちゃん面倒見といてよ!席外すわ!さよなら!」は???😇上司は(サボるため)颯爽と消えていきました。カネ子さん「え?ワタシどうすればいいんですかぁ??」わたし「指示があったので、業務始めましょうか…ただし、わたしが横についてフォローします。安心してくださいね」不安そうなカネ子さんでしたが、実際業務していると経験豊富なこともあってとてもお仕事のできる方でした。ただ、できるといったって、はじめての仕事でルールなどはわからないわけで。わたしが完全につきっきりとなり…カネ子さんは初日なのでスローペースでお仕事。そして、わたしは彼女の面倒を見ているため、本来は2人でこなす業務が、1.3人前くらいの業務量を消化することになり、同僚女さんに負担が全集中。同僚女「あやこさん…上司どこ行ったんですか…怒」憤怒の表情を浮かべながら業務をこなす同僚女さんがおりました…。わたし「すまん…!耐えてくれ…!」そんな感じの初日を体験したカネ子さんでした。◆◆◆◆業務が少し落ち着いた頃、カネ子さんは自分のことを語り出しました。カネ子「わたしの旦那ねン、有名企業で働いてて年収2000万円くらいあるのねン」ん???突然なんや???カネ子「だから本当は別に働かなくてもいいのン、でもね、ウチ旦那のこと嫌いやねンかぁ、せやから旦那と顔合わせたくなくてここで働いてるのねン!」わたし「そうなんすか」う…羨ましくなんか…ないんだからねっ//////嘘ですうらやましいですぉぉ金持ち…妬ましいぜ…😇😇😇<続く>
Source: ★38歳オタの婚活ブログ★

リンク元

スポンサーリンク
スポンサーリンク
婚活情報まとめ
スポンサーリンク
monakoをフォローする
オンライン婚活ニュース!

コメント