両親の夫婦仲が悪く、幸せな家族のイメージができない人へ

スポンサーリンク
o0640042714920897301 - 両親の夫婦仲が悪く、幸せな家族のイメージができない人へ 婚活情報まとめ
婚活パーソナルトレーナーとして理想のお相手と生涯続く幸せを実現させる日本全国の方の婚活をサポートする結婚相談所みらい結婚コンシェル 代表 田井和男です。  両親の夫婦仲が悪かった人の苦しみ小さいころから両親の仲が悪かった。 例えば、父親が頑固で折れないタイプ。 母親は父親の顔色を伺い、機嫌を損ねないように我慢していた。 また、母親がこうあるべきというルールを持った人で、それに外れるとすごく不機嫌になる。 だから、自分自身が母親の顔色を伺い、母親が満足することをいつも無意識に考えてしまっている。 また、夫婦ケンカが常に絶えず、お互いがお互いを批判し、攻撃しあっている。 小さな子どもにとっては、家族は全世界です。 親の方に自覚はなくても、子ども大きな影響を受けます。 同じ親で育っても、受け取り方は子ども次第でもあるので、まったく同じ環境で育った兄弟姉妹でも、違った価値観になることはよくあります。 とはいえ、婚活迷子の方のお話を聞いていると、多くの方が、両親が不仲であったとか、自分と親の関係がこじれていたという場合多くあります。 こうなると、何が良くないかというと、幸せな家族のイメージができないことです。 婚活のゴールはいうまでもなく、生涯幸せな家族をつくりあげること。 でも肝心のそのイメージができないんです。 未来の成功イメージができないことって致命的 うまくいくイメージ、成功のイメージができない。 頭では、結婚に対して危機感を持ち、行動はするものの、潜在意識では 「どうせうまくいかないに決まっている」 そういうイメージを持っています。 潜在意識では、うまくいかないとイメージしながら、頭では別の行動をしていることになります。 するとどうなるか? あなたの感情は、潜在意識のほうを実現させようとします。 どういうことかというと、どうせうまくいかない。 うまくいかないというこのイメージを実現させるために働きます。 つまり、優しくて思いやりのある人に嫌悪感を感じ、生理的に無理と感じます。 そして、自分が幸せになれない人。 冷たい人、追いかけないといけない人、他にもお相手がいる人、結婚する気のない人、身体目当ての人、不倫・・ そういう人にトキメキ、魅力を感じます。 そうして、あなたの「どうせうまくいかない」というイメージを実現しようとしているのです。 頭で意識で考えていることよりも、潜在意識で無意識レベルに刻まれているイメージが優先順が高くなります。 自分で考える意思の力よりも、無意識の世界のイメージが強いのです。 だから、無意識レベルで未来はどうせうまくいかないと思いながら婚活する事って、そもそも致命的なんです。 それに、ずっとブレーキを全力で踏みながら、潜在意識に逆らって、違うことをしようといているわけで、ものすごく疲れますし、なぜか自信がなくなっていくという現象が起こります。  がんばっているのに変わらない私のもとに相談をくださる方の多くは、人間関係や婚活にかなり苦労している方です。 いじめられていた。 親から虐待を受けていた。 対人恐怖症。 人間不信。 男性恐

リンク元

スポンサーリンク
スポンサーリンク
婚活情報まとめ
スポンサーリンク
monakoをフォローする
オンライン婚活ニュース!

コメント