【男友達と山登り】チョウ③〜山頂ラーメン食べたい〜

スポンサーリンク
みなさんこんにちは!結婚したいあやこです☺️---------------------<前回までのオタ婚活は…>オンラインゲームで知り合った男友達、チョウと山登りデートへ行きました。彼の、言葉を選ばずハッキリ意見を言うところが苦手でした。しかし一方で行動的で決断力がある所に感心するのでした。----------------------兵庫県にある山へ、車で向かいます。私たちは大阪の北寄りに住んでいるため、2時間ほどかかるのでした。車中での会話は【共通の知り合い(オンラインゲームの)が現在何をしているか】が中心になりました。今はネットが主流の世の中ですが当時はコミュニケーション力が不足している人がネットの世界に常駐していたように思います。(自分もチョウも含め)この回に出てきた【はで子ちゃん】の話になりました。この子はわたしたちの共通の知人。↓↓『【友達の婚活】マメ子ちゃんの結婚①』こんにちは!婚活サイトで婚活中のあやこです😄 ーーーーーーーーーーーーーーー 事実は小説より奇なり。  と申しますが、今回はそんなお話を。 友達のマメ子ちゃ…www.google.co.jpはで子ちゃんは20年の不倫経験を経て、精神的に不安定になってしまった過去があります。過食症と拒食症を持っていて、入退院を繰り返していました。彼女は、未だに完治はしておらず、「下剤を30錠飲んで救急車で運ばれた話」や、「昔は拒食症で苦しんだ話」をかなり積極的にしてしまうところがあります。かなり。しかも何回も。未だに連絡をとりあっている私は、「今は彼氏ができてとても幸せそうにしている」とチョウに伝えました。実はチョウは「看護士」を生業にしています。彼から言わせると「愛情が常に枯渇状態なんだろうな。自分が『病気』って伝えると絶対に注目を集められるだろ。同情が欲しいんだよ」だそう。わたしたちがやっていたオンラインゲームの世界ではたくさんのメンヘラと呼ばれる人々がいました。「手首を切った自慢」や「精神安定剤自慢」が繰り広げられる時、医療従事者であるチョウの目にはまた違って見えるんでしょうね。チョウ「実はさ、同僚にも似たようなタイプがいるんだ」もっとひどい症状だけど、と前置きして彼は話し始めました。◆◆◆チョウの同僚の話◆◆◆ミュンヒハウゼン症候群て知ってるか?俺は精神病棟じゃないから専門知識ないけど、それじゃないかって子がいたんだ。俺の同僚(看護士)でよく休む女の子がいる。常に熱がある事になってる。でも大体は連休明けの次の日休むからさ、周りはズル休みを疑うんだ。その子「わたし、ほんとは熱があるんですけどみなさんにご迷惑をおかけするわけにはいかないので!頑張って出勤してるんです!」って言いながらその次の日にやってくるんだ、毎回な。しかしこのご時世、熱がある状態で出勤されるのは困るわけで。しかも病院。その場で検温して病状が何かを調べる必要がある。ところがペットボトルに湯を入れたものを脇の下に入れて検温する姿が度々目撃されるなど、異常行動が目立つようになった。当たり前だけど仮病だから原因がわからない。何人か心の優しい先輩が気にして相談に乗ったんだが、長文LINEでいかに自分が病弱か、アピールに励んでいたんだそうだ。熱が続くとの事で自分が勤務している病院に入院して検査を受ける事になったんだが…。どうなったと思う?血液検査した結果、異常な数値と、菌が見られて、大きな病院で診てもらう事になったんだ。すると、その大病院ではその子と同じ精神症状の患者

リンク元

スポンサーリンク
スポンサーリンク
婚活情報まとめ
スポンサーリンク
monakoをフォローする
オンライン婚活ニュース!

コメント