サブちゃん似の演歌歌手さん①-謎の時間-

スポンサーリンク
002 11 - サブちゃん似の演歌歌手さん①-謎の時間- 婚活情報まとめ
訪問いただき、ありがとうございます郁(いく)といいます(^^) ☆はじめましての方はこちら→自己紹介 ☆有料記事について→元カレの話 ⭐︎この記事は「8人目のファーストコンタクト」の続きです。https://ameblo.jp/iku-tskn/entry-12651428733.html ************************************************************  ファーストコンタクト当日。 集合場所は、デコひろしさんのときと同じ場所  ファーストコンタクトも8回目となるとちょくちょく集合場所がかぶることがあって、 「お会いしたことがある人や、会う前に断ったり断られた人といつか遭遇するんじゃないか…?」 とやや心配になります  今のところは大丈夫!!  プロフィール写真では眼鏡をかけていなかった演歌歌手さんでしたが、日程調整時の備考欄的な場所に「当日は眼鏡をかけていきます」と書いてありました   メガネ好きとしては期待   集合時間20分前に着くも(ちょっと早かった)、あたりには誰もおらず。 スマホを見ながら待つことにしました  そのまま5分程が経過。 すると、視界の中にぼやーっと誰かが入ってきたことに気づいた私  視線を前に向けると、2つ離れた柱の前に演歌歌手さんらしき人が立っていました。     ………………?   何故だ。 何故、私に話しかけない…?   演歌歌手さんはどうやら真正面から歩いてきたようなので、否が応でも私の存在には気づいたはず。  それに、周りには私しかいない。  なのに何故、声もかけずに立っている…?  向こうはスマホを触りはじめていたので「もしかしたらプロフィール確認してるか、今から行くお店とか調べてるのかな?」と思い、しばらく様子を伺うことに。  もしや、私がファーストコンタクトの相手だと気づいていないのか?  そんなに写真詐欺してるつもりはなかったんだけど…  え!もしかしてそういうこと!?だとしたらこっちから声かけるべき!?  どうしようかと迷いながら演歌歌手さんの様子をチラチラ伺っていると、バッとこちらを向き、演歌歌手さんが近づいてきました。   やば!!見てたのバレたか!?  いやいや、私は断じてあなたの存在には気づいておりませんよ 的なオーラを出す私。  「こんにちは、演歌歌手です。 郁さんですか?はじめまして」  「…あ!こんにちは! はじめまして郁です」   今気づいたぜ! 一体いつからいたんだい? 的な顔をして言いました。  大変白々しい。  「よろしくお願いします。 早速、行きましょう」  「こちら

リンク元

スポンサーリンク
スポンサーリンク
婚活情報まとめ
スポンサーリンク
monakoをフォローする
オンライン婚活ニュース!

コメント