サブちゃん似の演歌歌手さん②-失った緊張感-

スポンサーリンク
002 10 - サブちゃん似の演歌歌手さん②-失った緊張感- 婚活情報まとめ
訪問いただき、ありがとうございます郁(いく)といいます(^^) ☆はじめましての方はこちら→自己紹介 ☆有料記事について→元カレの話 ⭐︎この記事は「サブちゃん似の演歌歌手さん①」の続きです。『サブちゃん似の演歌歌手さん①-謎の時間-』訪問いただき、ありがとうございます郁(いく)といいます(^^) ☆はじめましての方はこちら→自己紹介 ☆有料記事について→元カレの話 ⭐︎この記事は「8人目の…ameblo.jp************************************************************  ファーストコンタクトのお店は、演歌歌手さんからの「近くの高層ビル(約)40階にあるカフェにしましょう!」という提案により、そこに行くことに  そのビルは展望デッキがあり、私も何度か行ったことはあったんですが、カフェがあるとは知らなかった!  良い景色を眺めながらのカフェタイム…  シャレオツやんけー  オラ、わくわくすっぞ!!  期待に胸を膨らませ、エレベーターで一気に高層階へ。  そして目的の階に着き、キョロキョロとカフェをさがす私  さーて、一体どんなおしゃれカフェが私たちを待ってくれているのかしら?          無。   あれ?(^O^)  見渡す限り、展望デッキへの入り口しかないような…?(^O^)  「……あれ?すみません ちょっと待っててくださいね!」  そう言い、展望デッキ入り口に立っているスタッフさんに向かって走り出した演歌歌手さん。  すぐに戻ってきて、申し訳なさそうに  「あの、カフェあったような気がしたんですけど… なかったみたいですすみません」  と頭を下げられました。   やっぱりないんかーい!!   「そうでしたか!笑 大丈夫ですよーおかげでガラス越しにチラッと良い景色が見られました お店はこのビルの下の階にしましょうか?1階とか2階にカフェが何ヶ所かあった気がします!」  「本当にすみません… そうしましょう!」  演歌歌手さん、ちょっとおっちょこちょいさんなのかな? でもそのあとも申し訳なさそうに何度か謝ってくれて、プロフィールから想像していた通り、腰が低くて誠実そうな方だなーという印象  結局、同じビルの1階にあるカフェに入ることになりました  2人とも紅茶をオーダーし、改めてご挨拶。  「改めまして、よろしくお願いします さっきから思ってたんですけど、演歌歌手さんすごく良い声されてますよね! 聞いていて落ち着きます」  「そうですか?そんなこと言われたの初めてです! よく、声が小さくて聞き取りづらいとは言われます嬉しいです、ありがとうございます」&nb

リンク元

スポンサーリンク
スポンサーリンク
婚活情報まとめ
スポンサーリンク
monakoをフォローする
オンライン婚活ニュース!

コメント