“結婚できない” ことと人は見た目にこだわる話

スポンサーリンク
158 - “結婚できない” ことと人は見た目にこだわる話 婚活情報まとめ
ブログを書いていていつも思う。ポジティブな内容とネガティブな内容どっちの方がいいのだろうか?これは私のブログなので好きなように書けよという感じなのかもしれないが、ふと気になった。私はだいたい両方をありのまま書いている。つらい時はネガティブ楽しい時はポジティブポジティブとネガティブ方針を決めてどちらかに寄せることはできるが人間誰しも波があるわけで無理矢理どちらかに寄せるとリアリティがなくなる。無駄にポジティブな記事ばかりだと正直嘘くさいというか、前向きな人だと思われる一方ではいはい、良かったですねー。キレイゴトお好きなんですね。となるし、ネガティブな内容が続くとじめじめして鬱陶しいわ!となる。個人的には「リアリティ」を一番大事にしたいところだ。「本心」ってやつにこだわりたい。本心をどこまで表に出すか。これについてはこのブログのジャンルから若干それるので一旦置いておく。最近よく考えること。それはどうすれば残りの人生を楽しく生きられるのか?何があれば自分は楽しいのだろうか。逆に何が私の人生でマイナスというか、ストレスになっているのだろうか。私はこう思う。恋は刺激的で楽しく人生を豊かにするが“婚活” は人生の中で非常に大きなストレスでもある。だが、婚活の先にある結婚生活は人生で最も重要な一コマである。“結婚できない”と一言でまとめると理想が高いとかババアは黙ってろみたいな空気になるが、個人的には下記で考えていくしかないと思っている。パターンA〈“どうしても”子供が欲しい男女〉→つべこべ言わずに「妥当な」人を探せ今の自分では手に入らない相手を狙っても効率が悪いだけなので急激に自分をレベルアップさせるか求める条件をかなり緩めるしか打つ手はない。もしくは、人の何十倍もの速度と量で出会いの場を作るか。これができないならもう潔く諦めるべし(私はこのパターンではないが、もしそうだとしたら活動でカバーすると思う)→条件を緩められない、かつ活動も頑張れない場合は相手がいなくても子供を持つ方法というのを考えた方が現実的。もしくは子持ちの男性に狙いを定めるか。パターンB〈最愛のパートナーが欲しい〉→この場合は気の済むまで婚活(というか恋活に近い)をすべし。お互い“ものすごく好きだな” と思える人に出会えるまで日常と恋愛を楽しみ刺激的な日々を送ろう。→しかし問題になるのは年齢と共にパートナー探しすら困難になるということ。男女共に年齢なんて関係ないぜ!みたいな感じなら何も問題ないが、ここに「若さによる美しさ、カッコよさ」を求め始めると未来は絶望的だ。みんなそんなに高望みしてないよ〜と言うけどなんだかんだ無意識に見た目は重視しているものだ。ちなみに私は自分では「見た目にはこだわる方だ」と内心思っているが、友達には「YU_U☆ちゃん見た目はこだわらないもんね!」なんてポップに言われることが多々ある。(つまりYU_U☆さんってブサイクが好きなんですねと言われている)ちなみにスクさんはこう言っていた。私「スクさんって相手の年齢はどの辺まで大丈夫なん?」スク「俺は年齢はよほど年上とかじゃなければいいかな」私「なるほど」スク「さすがに10歳近く上とかだときついけど3〜4歳上くらいなら全く気にしないかな。どちらかというとその人が醸し出す雰囲気とかが大事だと思ってる。人間ってある程度年齢重ねると内面が外に出やすいというか、内面が魅力的な人ってやっぱりキレイだし」どうやらスクさんにとっての “美しさ” とは内面から溢れ出る魅力的な雰囲気なんだろうな。そういう話を聞いて私は焦った。短期間ならこの私

リンク元

スポンサーリンク
スポンサーリンク
婚活情報まとめ
スポンサーリンク
monakoをフォローする
オンライン婚活ニュース!

コメント